健康管理

健康優良企業

健康優良企業の認定を取得

川崎化成は、「社員の健康は企業の誇り、活気ある職場は社員の健康づくりから」をモットーに掲げ、健康管理を経営的な視点で捉えて積極的に健康経営を推進します。

その証として、この度、東京薬業健康保険組合を通じて、健康保険組合連合会東京連合会より、健康企業宣言を行い健康経営健康づくりの取組みを積極的に行っている企業として、2019年7月2日付で健康優良企業に認定され、認定証「銀」を取得しました。

健康優良企業

健康優良企業認定証

健康優良企業認定証 川崎化成工業株式会社
健康優良企業認定証 川崎化成工業株式会社川崎工場
健康優良企業認定番号 健銀第782号(本社)
健銀第783号(川崎工場)
認定期間 2019年7月2日~2020年7月31日

これからも活気ある職場と従業員の健康づくりのために更なるステップとして、認定証「金」の取得に向けて取り組みを進めて参ります。

働き方改革の推進

働き方改革に繋がるワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現のために

川崎化成は、社員が“働きがいのある働きやすい快適な職場環境”を目指して、働き方改革に繋がるワーク・ライフ・バランスの推進を積極的に推し進めています。

  1. ノー残業デーの徹底
    毎週水曜日、プレミアムフライデー(月末の最終金曜日)、給与支給日、賞与支給日を「定時退社日」と定め、時間外労働の削減と余暇の活用によるリフレッシュを図っています。
  2. 年次有給休暇の取得促進
    毎年、年度初めに各人に自分の業務やライフスタイルに合った年次有給休暇の取得計画を決めてもらい、職場で宣言し、可視化することで、お互いに取得しやすい職場環境を醸成しています。また、職場毎の取得目標を掲げています。 これにより、年次有給休暇の取得率は、全社平均80%以上となっています。
  3. 仕事と病気治療の両立
    時間単位休暇制度の導入(2019年度)やフレックスタイム制の利用による仕事と病気治療の両立のための環境が整っています。
  4. 仕事と育児・介護の両立
    育児休業制度、介護休業制度が充実しており、多くの社員が制度を利用し、復帰しております。また、時間単位、半日単位の休暇制度の利用も拡大しています。
  5. 時間外労働の削減
    ノー残業デーの設定や年次有給休暇の取得促進だけでなく、仕事の効率化、業務のムダの排除などの「業務改善」に全社で取組み、生産性の向上による時間外労働の削減に取り組んでいます。
    業務改善を行い生産性が向上することで、時間外労働が削減されて社員のワーク・ライフ・バランスが実現されます。これにより、社員のモチベーションがアップし、やりがい・働きがいが向上し、更なる業務改善に繋がり、好循環が生まれます。 この結果、現在の一人当たりの時間外労働は、月平均約17時間となっています。
働き方改革の実現

お問い合わせ

電話・FAXによるお問い合わせ

  • Tel044-540-0110
  • FAX044-540-0109

メールによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム