研究所紹介

さまざまな製品を生み出し続ける技術研究所の各施設を紹介します。

技術研究所

事務研究棟

研究開発の拠点。生産設備に隣接していることで、効率の良い製品開発を実現しています。2009年12月に竣工し、快適な環境の中で研究開発に取り組んでいます。

パイロット試作設備

ラボスケールで合成に成功した開発品のスケールアップ処方の確認やサンプル試作実験を行います。

触媒中間試験設備

当社が自社開発しているナフトキノン用酸化触媒のロングラン試験を行っている設備です。

ICP

炎色反応(物質が燃える際の炎の色)により物質を同定する装置です。

力学強度測定装置

マキシモールを用いて発泡したウレタンフォームの引っ張りや圧縮に対する強度を測定する装置です。

ウレタン発泡・成型実験

様々なグレードのマキシモールを用いた発泡実験を行い、発泡速度や成型安定性などを測定しております。

パルプ蒸解実験装置

製紙工場にある蒸解釜(化学パルプ製造設備)の実験装置を自社製作し、パルプ蒸解助剤・SAQ®の効能を検証しています。

フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)

紫外線を照射しながらIR測定ができるようカスタマイズしており、光増感剤の添加による光重合反応への影響をリアルタイムに測定できます。

紫外線示差走査熱量分析器(DSC)

紫外線を照射しながら物質が反応する際の発熱量を測定、比較することで例えば、増感剤添加の有無による反応速度の差を定量化できる装置です。

動的粘弾性測定装置(DMA)

物質の粘性や弾性(硬さ)の熱による変化を測定する装置です。増感剤添加による硬化物の物性や重合状態の変化を調べることができます。

研究所の実験風景

合成実験

ナフトキノンやアントラキノンの新規誘導体の合成検討を行っています。

蒸留実験

反応後の濃縮(溶媒留去)等を行う単蒸留実験を行っています。

重合実験

液相での重合実験を行っています。

お問い合わせ

電話・FAXによるお問い合わせ

  • Tel044-540-0110
  • FAX044-540-0109

メールによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム