SAQ®

SAQ®とは

  • クラフトパルプなどの化学パルプ製造プロセスにおいて用いられる蒸解助剤です。
  • 赤褐色のアルカリ性液体です。
  • 有効成分はアントラキノンという芳香族化合物で、天然にはアロエなどの植物や、菌や昆虫にも含まれている物質です。
  • アントラキノンは黄色の水不溶性固体ですが、SAQ®はアントラキノン由来物質の水溶液として提供しております。
  • 上市から30年以上経過した現在でも、国内のほとんどのクラフトパルプ工場でお使い頂いております。

SAQ®(左) アントラキノン(右)

特徴

  • 蒸解助剤として効果を現すためには、木材チップの表面にある、数ミクロンの孔を経由して内部へ浸透しなければなりません。
  • アントラキノンは水不溶性の粒子なので、一部のごく小さい粒径のものしかチップ内部へ到達することができません。
  • SAQ®は水溶性液体なので、すばやくチップ内部へ浸透し、効果を現すことができます。

SAQ®とアントラキノン(スラリーAQ)の木材チップへの浸透

作用と効果

  • SAQ®がもつキノン構造は、酸化・還元の反応を繰り返す、触媒的なサイクル機構を形成する特長があります。
  • SAQ®はキノン構造が持つ特徴を活かし、木材中のリグニンを還元分解しながら、パルプ化に必要なセルロース類を酸化安定させる、2つの蒸解反応を促進します。
  • SAQ®によるこれらの作用から、パルプ製造工程において様々な派生効果が見られます。
  • SAQ®はパルプ工場の二酸化炭素発生量の削減等を通じて、地球環境の保全に寄与しております。
SAQ(アルカリ性白液)は触媒的なサイクル機構を形成するといった特徴を持ち、パルプ製造工程において、木材中のリグニンを還元分解しながら、パルプ化に必要なセルロース類を酸化安定させる、2つの蒸解反応を促進し、セルロースパルプの生成だけでなく、燃料として利用可能なリグニン含有黒液も生成します。

木材チップを原料とした化学パルプの製造

蒸解工程におけるSAQの作用は、多糖類の酸化・安定化と脱リグニンの促進です。さらに派生効果として、脱リグニンの促進は、蒸解条件の緩和(活性アルカリの削減、蒸解温度の低下、蒸解時間の短縮)や、低カッパー価蒸解の適用、低硫化度蒸解の適用といった効果をもたらし、その蒸解条件の緩和や多糖類の酸化・安定化はパルプ収率と品質の向上、低カッパー価蒸解の適用は漂白・排水負荷の低減、低硫化度蒸解の適用は臭気問題の低減といった効果をもたらします。それらが結果としてチップ使用量減による石油資源使用量の削減や地球環境保全への寄与につながります。

蒸解工程におけるSAQ®の作用と派生効果

お問い合わせ

電話・FAXによるお問い合わせ

  • Tel044-540-0110
  • FAX044-540-0109

メールによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム