フマル酸ジオクチルエステル マキシモール® FOK-670

「FOK-670」につきまして

フマル酸と2-エチルヘキサノール(オクチルアルコール)の脱水縮合反応で得られる、脂肪族エステルです。

化審法 既存化学物質 官報公示整理番号:(2)-1099

CAS No:141-02-6

EINECS No:2054482

TSCA記載:有

「FOK-670」の特徴

溶剤として / 反応性改質剤として

「FOK-670」の代表性状

数平均分子量 粘度
(25℃)
(mPa・s)
純度
(%)
色調
(APHA)
屈折率 比重
(20℃)
SP値 引火点
(℃)
FOK-670 340 < 30 > 98 < 30 1.455 0.94 9.0 190
フタル酸ジオクチル 390 - - - 1.485 0.99 9.5 218
アジピン酸ジオクチル 370 - - - 1.446 0.93 8.9 192

単純に、コハク酸エステルはアジペートの1.5倍のエステル結合濃度を持ちます。

「FSKシリーズ」はエーテル結合も有します。

「FOK-670」の熱的性質

加熱減量

代表的なポリエーテルポリオールと比較すると

FOK-670 < PPG400(ポリプロピレングリコール)

FOK-670 ≒ PEG400(ポリエチレングリコール) となります。

ラインナップ

お問い合わせ

電話・FAXによるお問い合わせ

  • Tel044-540-0110
  • FAX044-540-0109

メールによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム