機能性原料

川崎化成工業は、1,4-ジヒドロキシナフタレン(1,4-ナフタレンジオール)の量産試作に成功しました。

工業規模での供給体制確立により、今後、本格事業化に乗り出します。

川崎化成工業の機能性原料の特徴

他製品との違い

フェノールやビスフェノールAよりも耐熱性に優れ、アクリレート誘導体にした場合には高屈折率を有する樹脂となる等、これまでにない性能を発現する可能性を秘めた機能性原料(ジオール体)です。

機能性原料製品一覧

川崎化成工業の連鎖移動剤はキノンをベースにしています。

こんな方にお勧め

耐熱性を実現したい方

ナフタレン骨格を導入することにより、耐熱性が向上することが期待されます。

高屈折率樹脂を実現したい方

ナフタレン骨格を有するアクリレート樹脂、メタクリレート樹脂は高屈折率となることが確認されています。配合により、従来よりも高屈折率な樹脂の開発が期待されます。

1,4-ジヒドロキシナフタレンの概要

製品名 1,4-ジヒドロキシナフタレン
1,4-ナフタレンジオール、ナフトハイドロキノン
分子式 C10H8O2
分子量 160.2
CAS NO. 571-60-8
化審法 4-356(既存化学物質)
用途 各種樹脂原料、耐熱樹脂原料、医農薬中間体

一般性状

外観
乳白色~白色
融点
190℃
純度
99%以上
溶解度
エタノール、エーテルに可溶、クロロホルム、酢酸に難溶

用途例

さまざまな化合物に展開可能な優れた原料です。

お問い合わせ

電話・FAXによるお問い合わせ

  • Tel044-540-0110
  • FAX044-540-0109

メールによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム