沿革

当社は、昭和23年5月20日に中央化成工業株式会社の商号をもって「タール製品の精製加工ならびにタール製品を主原料とする製品の製造」を事業の目的として設立されました。

その後、昭和31年3月31日に子会社の川崎化成工業株式会社を存続会社として同社と合併し、次いで昭和35年10月1日に昭和23年12月4日設立の川崎化成工業株式会社を存続会社として合併し、現在に至っております。

1948 東京都中央区にナフタリン精製を目的とし、中央化成工業株式会社を設立
大森工場を設立
1951 無水フタル酸の製造を開始
1953 コハク酸の製造を開始
1954 千鳥工場(現・川崎工場(千鳥))を設置
1955 川崎市に中央化成工業株式会社の全額出資により川崎化成工業株式会社を設立
1956 川崎化成工業株式会社を存続会社として中央化成工業株式会社と吸収合併
フマル酸の製造を開始
1957 塩浜工場(現・川崎工場(塩浜))を設置
1958 世界最初のヘンケル法によるテレフタル酸の製造を開始
1960 東京都に本店を置く川崎化成工業株式会社を存続会社として合併
1961 株式を東京証券取引所に上場
株式を大阪証券取引所に上場
1962 リンゴ酸の製造を開始
1971 テレフタル酸の製造を中止
大森工場を閉鎖
1972 有機顔料粗フタロシアニンブルーの製造を開始
1973 アントラキノン、ナフトキノンの製造を開始
1976 パルプ蒸解助剤SAQ®市販開始
1980 「ナフタリンを原料とするナフトキノン及びアントラキノン製造技術の確立とその工業化」に対し、大河内記念生産賞を受賞
1987 「テトラヒドロアントロキノン及びアントラキノンの新製造法の開発とパルプ蒸解助剤向け新用途の実用化」に対し、日本化学工業協会の技術賞を受賞
1988 研究棟、大型多目的試作設備完成
1995 サルフコントロール®の販売を開始
1996 メタルコントロール®の販売を開始
1998 品質マネジメントシステムISO9002の認証を取得
1999 農薬原体アセキノシル市販開始
2002 マキシモール®の製造を開始
有機顔料粗フタロシアニンブルーの製造を中止
2003 品質マネジメントシステムISO9001 2000年度版へ移行
大阪証券取引所の上場廃止
アントラキュアー®の製造を開始
2004 RC(レスポンシブル・ケア)活動の実施を宣言
2005 環境マネジメントシステムISO14001 2004年度版の認証を取得
2009 川崎工場(千鳥)に事務研究棟竣工
品質マネジメントシステムISO9001 2008年度版へ移行
リンゴ酸の製造を中止
2010 川崎工場(塩浜)で生産停止式を挙行
パイロット試作実験設備竣工
パルプ蒸解助剤SAQ® 累計販売50万トン達成
2012 触媒中間試験設備竣工
2015 エア・ウォーターグループの一員として始動

お問い合わせ

電話・FAXによるお問い合わせ

  • Tel044-540-0110
  • FAX044-540-0109

メールによるお問い合わせ

お問い合わせフォーム